イラストの描き方も分からない!?そんな初心者でも成長できる安心の練習方法

イラストを初めて描く状態での練習とは?

初めてペンを握ってイラストに手を出してみたけど、どうやって練習をすればいいのか分からない……。そしていきなりアタリや、背景へと手を出して描けなくて悩んでしまい、やはり自分には向いてないとペンを捨ててしまった方も多いのではないでしょうか?実はイラストの練習には最も簡単な練習方法があるんです。それはなんと、ただひたすらに丸を描くこと!本当にこれだけで、イラストを描く技術は向上するんです。というのも、実はイラストを描くには思った以上に曲線を描くという技術が大事になるんです。特に顔や、球体を描くときのみならず、そもそも線画の質も上がっていきます。最初はとにかく綺麗な丸を書けるように、ひたすらに丸を描いてみましょう。最初は小さく、慣れてきたら大きい丸に移行するのがベストです。そして丸はしっかりと線をつなげること。これだけで描く技術は向上していきます。

大事なのは模写!どんどん真似していこう。

イラストを描くことに慣れていないうちは、とにかく好きなイラストレーターさんのイラストを真似たり、じっくり観察して描いていきましょう。気を付けたいのは、ただ下に置いてそのままイラストの線をなぞるのではなく、あくまでもじっくり観察して、真似をして描くことです。こうすることで、どういうレイアウトで描かれているか、自然と線の流れを把握できるようになっていき、どこから描いているか、どうすればこのようなイラストになるのかを理解できるようになると、絵の実力もレベルアップします!最初は真似して描くなんて、と思ってしまうかもしれませんが、一流のイラストレーターも、資料などを見て描いています。恥ずかしがらず、むしろどんどん真似するのがレベルアップへの近道です。

イラストは独学で学ぶ事もできますが、基本的な技術などを学ぶなら講座などを受講することをおすすめします。イラストの講座なら、イラスト作成の基本から本格的なことまで学ぶことができます。