デビットカードでの決済ができないケースとは?

口座にお金が入っていないと決済は不可能

オンラインショップでの買い物において、デビットカードを決済に利用したらなぜか決済できなかったという場合は、以下のことを確認してみましょう。まず、銀行口座にお金が入っていないとデビットカードでは買い物することができません。クレジットカードのように、カード番号を入力して、後でカード会社にお金を払えばいいという仕組みではないからです。有料のインターネットサービスの中には契約月は無料になるものもありますが、そういったサービスと契約する場合も口座にお金が入っていないとユーザー登録できません。というのは、お金が入金されていないとサービス会社がカードの有効性を確認することができないからです。したがって、口座にお金がある状態でカードを登録するようにしましょう。

店、あるいは銀行側で利用を制限していることも

口座にお金があるにもかかわらず決済できない場合はいくつかの可能性が考えられます。まず、一番多いのは、利用しようとしているオンラインショップ、あるいはネットサービスがデビットカード決済に対応していないというケースです。これは、ショップ、あるいはサービス提供側がデビットカードを拒否しているケースと、デビットカードを発行している銀行が特定の店、サービスでの利用を制限しているケースの二つに分かれます。次にあり得るのが、デビットカード決済では不可能な分割払いやリボ払いを選択しているケースです。デビットカードは一回払い限定のカードなので、分割払いを選ぶことはできません。

ネットショップの運営において、クレジットカード決済、コンビニ決済など、異なる種類の決裁にそれぞれ対応するのは手間がかかります。そこで決裁作業をまとめて外部委託する仕組みが決済代行です。