ビットコイン取引の特徴や現金にないメリット

ビットコイン取引の仕方

ビットコインの取引は株式のように一つの取引所で行われるのではなく、それぞれの業者が運営する取引所で行えます。各業者の取引所で行うので取引所間で同じビットコインであっても若干の価格差が発生します。株式の取引と同じようにビットコインの取引の方法には現物取引と信用買いがあります。現物取引とは取引所で口座を開設して口座内に入金した金額内でビットコインを取引する方法です。信用買いでは口座に入金したお金を担保にして入金してある金額以上の取引ができます。この時は一時的に業者に借りる形でビットコインを買う事もできますし、ビットコインを借りて売りから相場に参入する事もできます。もし担保にしている証拠金以上の損失が出れば追証といって追加の損失補てんを求められます。

ビットコインの利便性

ビットコインは投資対象としてだけでなく、実際に使用する時にも現金にはないメリットがあります。現金の場合は国を超える時は行き先の国の法定通貨に両替をする必要が出てきます。両替する時は手間もかかりますが、手数料も取られるので費用の負担が出てきます。しかしビットコインは世界で共通する通貨として利用できるので国を超えても両替の必要がありません。送金をする時も手数料がかかりますし、送金が完了するまでに海外に送金の場合は時間がかかります。ビットコインの場合でも送金手数料はかかりますが、現金よりも安い手数料で済みます。また送金にかかる時間も現金の時と比べて短く済むので、急いで海外に送金したい時にも便利に利用できます。

ビットコインでFX取引を行える事をご存知でしょうか。為替の取引を行う様な感覚でビットコインの売り買いを行っていくので、相場そのものが下がっていても問題無く取引が出来ます。