お得に積み立て!iDeCO(個人型確定拠出年金)のススメ

そもそもiDeCOって何だろう?

iDeCO(個人型確定拠出年金)とは国民年金や厚生年金などの公的年金を補う制度で、自分で毎月お金を積み立てて(このことを掛金を拠出するといいます)、より大きく増やして受け取れるように運用を指図していく個人型年金のことをいいます。
自分で運用するといっても、全て自分で管理するわけではありません。あらかじめ用意されたお金を増やすための運用商品を選ぶだけ!あとは運営管理の専門機関があなたの代わりに大事な資産を管理してくれます。
また、掛金を月5000円から拠出限度額の範囲までで自由に決められるので、自分に合ったペースで老後に向けた積み立てができちゃいます!

何でiDeCOはお得なの?

上記の説明だけ聞くと、「自分で毎月決めた額を貯金するのと変わらないんじゃないの?」って思ってしまいますよね。
しかし、iDeCOで拠出した掛金は全額所得控除の対象となります!つまり、積み立てしながら税金対策もできる一石二鳥の制度なんですね。
さらに、株式や債券などの一般的な金融商品では運用により得られた利益に税金がかかりますが、確定拠出年金の運用で得られた利益には税金がかかりません!個人で資産運用するよりも、iDeCOに加入していた方が税金分お得できちゃいます。
リスクのある資産運用には抵抗がある方でも安心できる元本確保型の運用商品もありますので、まずは税金対策できる定期預金としてiDeCOに加入してみるのもいいかもしれません。
いかがでしたか?ゆとりある老後のために、iDeCOをうまく活用していきましょう!

iDeCO」とは、日本政府が自分でお金をためて、さらに運用して老後の年金資金を作ることを後押しする制度です。60歳を過ぎるまでは資金を引き出すことができない代わりに税制面での優遇を受けられます。