意外と大変!最低限知っておきたい相続税の申告

財産を把握していないと大変なことに

相続税申告の準備は、故人の葬儀が終わってからゆっくりと行えばよいと考えている人が多いです。しかし期限があるため、実際には悠長に構えている暇がないことをご存知でしょうか。相続税の申告は被相続人が亡くなったことを知った翌日から10か月以内と定められていて、期限までに納めないと延滞税が発生することになります。10か月はずいぶん日数があるように感じてしまいますが、それは故人の財産を把握できている場合、余裕をもって対応が可能です。遺書により誰が相続するか明確になっている場合もスムーズな申告ができる可能性が高いですが何も準備が行われていない場合、財産をすべて把握するだけで日数のほとんどを費やす可能性が高いです。故人が持っていた財産を把握してから誰が相続するかを決めて、その内容にあった相続税を申告し納めなければなりません。

見落としがちな財産が意外にある

貯金や土地建物などは家族や親戚が一番把握しやすい財産ですが、誰も知らないことが多いのが借金です。家族にも言わずに借りていることはよくありますし、クレジットカードの未払い分が残っているということも普段は意識しないことが多いでしょう。故人の借金も相続しなければならず、もし借金の額が大きく相続を拒否するのであれば借金以外の財産についても相続できなくなってしまいます。財産がすべて把握できていない場合、弁護士などを依頼して調査してもらうことが可能です。判明するまでには時間がかかるので、生前のうちに遺書を作成しておくことはとても重要になります。

相続税の申告の申告で多いのは税務調査が入る事です。信用できる税理士を見極めるには書面添付制度で申告してくれる税理士が良いです。