3年間で卒業したいならどんな学校?経済的事情があるときはどうする?

絶対3年間で卒業したいとき

中学を卒業すると高校進学になります。中学3年生の時から進学する学校を選んで、普通高校なら受験対策などをします。一方最近は進学先として通信制高校を選択する人もいます。仕事をしたりプロスポーツ選手を目指すなどではなく、一般的な生活を送りながら通信制高校に進学して卒業しようとしています。目的は高校を卒業して大学などに進学するためなので、できるだけ3年間で卒業したいでしょう。その時には卒業率の高い学校を選ぶようにしましょう。単に卒業率が高いだけでなく、3年での卒業率が高いところをを選ぶようにしましょう。学校によっては卒業率を情報として出してくれていて、なぜ卒業率が高くなっているかも示してくれています。その理由に納得できれば、その学校が適しているのかもしれません。

経済状況を考えるなら学費の安いところ

中学校まで義務教育で過ごせば、一応授業料などは必要ありません。高校になると、公立と私立の差はあるものの一定の授業料が必要になります。経済的な事情で進学が難しい時、高校進学をあきらめる人もいるでしょう。でも、比較的費用をかけずに行ける高校があります。それが公立の通信制高校です。入学金は全国的に500円に設定しているところが多いです。単位当たりの授業料が決められていて、1単位数百円ぐらいです。年間で換算すると、数万円程度の授業料で高校のカリキュラムが学べます。年間数万円であれば、少しアルバイトなどをすれば何とか自分でも用意できるお金です。私立よりサポートは弱いといわれますが、一生懸命勉強すれば卒業は可能です。

通信制高校を名古屋から入学できる広域制の高校もあります。ネットでも登校でも勉強でき、じっくり丁寧にサポートします。