個人型確定拠出年金(iDeCo)と確定給付年金

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、確定拠出年金法に基づいて行っている任意の私的年金制度です。

公的年金ではないため、自分で申込み、自分で掛金を拠出、運用方法を選び、その結果もたらされた運用益と掛け金の合計額をもとに給付を受けることが出来る制度です。

元々、自営業の方は年金の1階部分として国民年金に加入して掛金を納めれば給付を受けることが出来ます。そしてサラリーマンの方は厚生年金に加入して厚生年金より給付を受けることが出来ます。その上乗せ部分としてあるのが個人型確定拠出年金(iDeCo)なのです。

さらに、掛金や運用益、給付を受け取る際には、税制上の優遇措置が講じられています。その為、国民年金や厚生年金と組み合わせることで、一階部分の年金よりも豊かな老後の資産形成を作ることが出来ます。

確定拠出年金と確定給付年金の違い

確定拠出年金と似たような名前で、確定給付年金という制度があります。確定拠出年金と確定給付年金の違いは以下の通りです。

確定拠出年金とは給付額が変動する年金です。

確定拠出年金は加入者個人が年金資産を運用するシステムです。その為、給付額は確定していません。

個人の責任で運用する年金ですので、運用が上手くいけば積立金以上の額を得られますし、運用に失敗すれば給付額が減る可能性があります。

それに対して、給付が確定している年金が確定給付年金なのです。

その名の通り、将来受け取る給付額は変わりません。

また、確定拠出年金と違い運用リスクは加入者が負いませんので、給付額は企業が補填をし年金は給付されます。

個人型確定拠出年金のメリットは、毎月の掛け金が所得控除になるので大変人気となっています。月々5000円から掛けることが可能で、自営業者や主婦であっても加入ができます。